「成功って聞いて何を思い浮かべますか?」

 

私も含めて、世の中の大半の人は成功者になりたいと願っています。

 

ではなぜそう思うのでしょうか?

 

それは自分が持っていない何か偉大なものを持っていて、さらには自分もそれが欲しいと願うからでしょう。

 

確かに世の中には成功者はいます。

 

その成功者と呼ばれる人はいったい何を持っているから成功者と言われているのでしょうか?

 

先ほどの質問から察すると、自分が持っていないもので、何やら偉大なものではないかと推察できます。

 

でもそれは成功者の外から見た価値観でであり、成功者本人が「俺はこんな偉大なものを持っている」と言っているわけではありません。

 

そこでネット検索してみて、成功者と言われる人の成功に関する格言などを調べてみました。

 

すると、どうやら一般の方々の思い描く成功と、成功者が考える成功とは次元が異なっていることに気が付きました。

 

あなたも薄々は気づいているでしょうが、このブログではそんな分かり切ったことをお伝えするつもりはございません。

 

そもそもなぜ、そんな格差が生じているのか?

 

そしてどうしたら成功できるのか?

 

そこに焦点を当ててブログを書きます。

 

よく言われる「成功したいなら成功者のまねをしましょう」とか言われてもピンとこないあなたへ私が出来る限り分かりやすく、(私の見解ではありますが)お伝えしたいと思います。

 

興味のない分野であればブログを閉じて頂いて構いません。

 

私は成功する為にはどうしたらよいかを考えて、調べて、導き出した見解を述べさせていただきます。

 

ご興味があればこのまま私に少しお話させていただくお時間をください。

 

成功に関する考え方を変えられれば、成功に近づくかもしれない、そんな想いでこれからお話します。

 

私が考える成功のイメージ

 

正直に言います

 

「お金を稼ぎたい」

 

そして、お金を稼いでいる方こそ成功者と今は考えています。

 

そもそもの話、このブログの本質が「自立して稼ぐ」なのでそこは当然の主張であると言えるでしょう。

 

そして稼ぐために私は今日もブログを書き進めている、そして50記事達成した、こんな転職人生を生きてきた自分が心くじかれながらも続けている理由は、稼いだ先に見える世界を体験したいその一心からです。

 

しかし成功とは何か決まった型があったり、内容があったりするものではなく、人によっても解釈は様々です。

 

大なり小なり、ブログ50記事を達成したという小さな達成であっても成功と考えると、私はもう成功したことになります。

 

それでは話が終わってしまうので、もっと考えてみます。

 

私が考える成功の正体とは

 

成功の反対は失敗です。

 

失敗からは実に多くのことを学ぶことができます。

 

成功していなければ、失敗とは言わないのであれば、いますでに成功したと言い張ってみて、いろいろと失敗することで多くを学べるのではないか?

 

中途半端に頑張っているというから成功しているのか、失敗しているのか分からず、何が必要なのか、何が不足しているのか分からず、道に迷うのではないか?そして自分を見失うのではないか?と思うのです。

 

日本人にありがちな「あいまい」です。

 

しかし成功と聞くと、もうすでに最終到着地点のように感じます。

 

成功者はもう何もせず自由を満喫しているのでしょうか?

 

私はそうでは無いと感じます。

 

実際、成功者は成功していながらもまだ成功し続けるために努力している姿をネット上で多く見かけます。

 

私自身も成功して安着する事に魅力を感じているのではなく、成功し続ける事に魅力を感じています。

 

私なんて成功をはるか向こうの手の届かないところに求めすぎて、いつか成功が降ってこないかな〜なんて甘い考えが頭をよぎる事が良くあります。

 

でも世の中、何もせずにそんな都合のいい話はこないと思っていて正解です。

 

ところで先ほど私が主張した「成功し続ける事に魅力を感じている」なら、急な階段を昇って足を踏み外したりまた昇ってのアップダウンを繰り返すより、現状維持を続ける事こそ成功の礎を築く第一歩ではなかろうかと考えました。

 

つまり成功したと言えるレベルまで来てもそれを維持する為に成功を続けなければならない習慣を今から作っておくというイメージです。

 

今出来る現状維持を続けながら、少しづつ上がっていくイメージこそ成功に近づくステップのように感じます。

 

しかしやり続ける事は苦手

 

私はやり続ける事は苦手です。

 

でもこうして挫けながらもブログを書き進めているという事は、自分の気持ちに正直に生きたいから、自分で決めた自分の為に続けているんだと思います。

 

豪雨や新型コロナなど何が起こってもおかしくないこの世の中、明日の自分が今日と同じようにブログを書き続けられるかなんて自分をはじめ誰も分かりません。

 

これはよく言われることですが、だからこそ今日できる事は今日のうちにやっておきたいと思います。

 

ところで

 

以前までは、この「今日一日しかないとしたらあなたは何をしますか?」という自己啓発の定番文言に対し、

 

「言いたいことは分かるけど・・・」

 

と他人事のように考え何も得るものがありませんでした。

 

しかしいざ、自分が目標を決めて挑戦し続けようと思っていると、その意味がおぼろげですが分かるようになりました。

 

なるほど、自分の状況次第でこの質問の意図を理解できるようになるんだなぁと感じました。

 

少し話がそれました。

 

ここまでの考えをまとめると、
私が考える成功とは

 

一過性のものではなく
積み上げ続けていくもの

 

と言えるのではないでしょうか?

 

ただそこに成果(お金)が発生すれば良いのですが・・・おっと思わず本音がポロリしちゃいました・・・。

 

そう考えると、日々現状維持する為に挑戦し続けて積み上げる事こそ、成功の意味なのではないかと思うのです。

 

ではどうして成功というとお金や名声といったものにつながりやすいのでしょうか?

 

ここで「成功」の語源を調べてみると、どうも地位とお金が絡んでいるらしく「成功=権威、富豪」というイメージが付きやすいようです。
成功したい,実現,方法
なるほど、納得です。

 

でも権威や地位や名声、お金を持っていれば成功というのは安易すぎるような感じを受けましたので、更にもう少し調べてみました。

 

成功者が思い描く成功とは

 

海外で莫大な財産を築いた人や名声を手に入れた人の成功に関するお話を調べてみました。

 

すると、価値観の違いこそあれ皆さんが成功だと言っている事には権威や地位や名声、お金ではなく、たいていの方が毎日が幸せである事を挙げていました。

 

またある方は「自分が死んだときに周りにどう言われたいか」を考えると自分の目指したい成功が分かると言われていました。

 

そりゃ成功した人は権威や地位や名声やお金はもう手に入ってるんだから、最終的に人間として欲しいものが欲しいんだろう・・・
と結論づけてしまうのは簡単です。

 

ここでちょっと考え方を変えて

 

世の中の成功者と言われる方々が、これが成功の定義だと示したものに私たちがシフトチェンジしてみたらどうでしょうか?

 

それを考える上で、
「権威や地位や名声やお金」は

 

成功者が初めからそれを得ようと目指したのではなく、人間としてほしいものである「幸せ」を目指していた結果、得られた副産物だ

 

と仮定するなら、

 

私たちも「幸せ」を目指せばやがて成功でき、大きなおまけがついてくると考えられるのではないでしょうか?

 

つまり、成功する為には、目指す方向を「お金」ではなく「幸せ」にシフトチェンジし、積み重ねる事で成功が手に入り、お金というおまけがついてくるのではないかと思うのです。

 

お金とは目指すものではなく、物質であり、報酬です。それを目指すからあるものは道に迷い、またあるものは溺れて奴隷になってしまうのだと思います。

 

もちろん先ほどの「幸せ」の度合いは人それぞれであり、一定の水準で満足する方が大半でしょうが、高水準の「幸せ」を追求してきたからこそ最高の成功と最高の権威、地位、名声、お金が手に入ったと考えてみれば、

 

私たちがそれぞれ欲しいと考えている成功のレベルに応じて「幸せ」を追求すればよいという事になります。

 

この「幸せ」というのは

 

満足し、満足させ
愛し、愛され
楽しみ、楽しませ
得て、与える

 

これらを追及していく事です。(他人だけでなく自分も含めて)どうすればもっと幸せにできるのだろうと挑戦し続け、積み上げる事で成功は近づいてくるものだと確信します。

 

 

 

あなたの今日一日は成功しましたか?

 

成功出来て満足できたならそれでよし。

 

全体的には成功したけど、
こうすればもっと成功できたかもしれない・・・そんなちょっとした背伸びを積み重ねる事がこれからの人生に大事な事ではないかと思います。

 

 

 

幸せを追求し続けましょう

 

本日はここまでとなります。

 

 

ここまで長い文章にお付き合いくださりありがとうございました。

 

あなたにとってこのブログが少しでも心のどこかに引っ掛かってくれれば幸いです。

 

 

お問い合わせ・感想などはお気軽にどうぞ

 

この記事が役に立ったと思ったらクリックしてください

40歳代ランキング