どうやって生きていくか?

 

この問いに対し、今は分からないとしか答えようがない状況です。

 

正直、まだパートとして依存しているし、稼ぐための手段も分からないから稼げていません。

 

ブログを始めてもうすぐ三か月が過ぎようとしています。

 

毎日悶々としながら「自分はどうあるべきか?」、というより「どうありたいか」を常に考えるようにしていますが、まだ定まらないですね。

 

毎日、一日も早く稼げるようにならなければという想いで自分を責め立てていましたが、ただただ苦しむだけでした。

 

ところが、今日出勤した際にどうせ成功するとしたら今の状況は二度と味わえないなぁと考えてみたところ、とても心が軽くなりました。

 

どんな苦しみも通り過ぎてみると過去の笑い話や苦労話に変わります。

 

そこにその時の感情は感じるものの、直面しているときほど鮮明に覚えている訳ではない事に気が付きました。

 

あなたがそう感じる事に共感していただけるのであれば、もし苦しい事に出会ったとき、

 

「今の状況は二度と味わう事は出来ない体験をしているんだ」

 

と考えてみてください。
私はこの考え方に心救われました。

 

生き方を探し続けるには?

 

私の過去のブログにも書きましたが、興味がある事に手を出していく事が大事だと思います。

興味がある事が分からない、見つからない時は、いま気になっている事でも構いません。

 

とにかく自分が能動的にできる何かを始めていくことがとても大事だと思います。

 

受動的ではいざ得るものが近づいてきても、感性が鈍ければ素通りしてしまう可能性があります。

 

私はどんなものからでも何かヒントになるようなことや気になる事がないかを探すように意識しています。

 

もちろん、たまには引き込まれて受動的になってしまう場合もありますが、そのたびに再度気持ちを切り替えて、能動的になるように心がけています。

 

とにかく出会うもの、見るもの、触れるもの何でも自分が興味を感じているかどうか確かめていきたいと思います。

 

今までの流れに身を任せる人生では求めるものを掴みえなかった考え方を改めるべく、受動型から能動型へ切り替えるよう奮闘中です。

 

頭のいい人の「無駄を省いて楽をする」発想と、お金持ちの「自分が決して損をしない」発想を意識しなくても出来るよう習慣化したいと思います。

 

これで人生が変わるか分かりませんが、今までの考え方が作り出したのが現状なら、考え方を変える事で今とは違う未来を作れると考えています。

 

加えて近い将来、その興味を抱く事に出会ったときの感動を覚えるイメージを抱き続ける事で、脳みそに能動的に動くよう働きかけます。

 

思い続けるとどうなるのか

 

あなたも経験があるかもしれませんが、そうして意識続けていると、例えばTVを見ている時や、ふとした光景の中に自分に向けて発したのではないかと思う出来事に出会う事があります。

 

たまたま見ていたTVで、新型コロナの影響を受け、夏の高校野球が中止になったというニュースを見ました。

 

その際に、ある高校野球の監督が
「選手たちは予期せぬ事態に備えて、日々の苦しい練習に耐えてきている。挫けることなく前向きにとらえ次のステージに立ってほしい」
とお話されていました。

 

まるで自分を鼓舞するかのような言葉に胸が熱くなりました。

 

また、こないだ見た「ミッションインポッシブル・ローグネイション」を何か気になっていたのでもう一度見てみました。

 

すると、ある女性が語った言葉に
「心さえ決めればなんだって出来る」
というセリフに出会いました。

 

最初に見ていた時には出会わなかったセリフに出会えたのです。

 

これこそ映画の醍醐味です。

 

最初に見た時は、ストーリーや映像に興味を惹かれますが、二度目からは素晴らしいセリフに出会える。

 

私はそんな映画が大好きです。

 

これからの私の目指す目標

 

生きづらさ,考え方,癖
私は今まで

 

受動的で
自ら苦労し
損をする

 

そのような生き方をしてきました。

 

自己犠牲の精神こそ理想の生き方だと考えていたからです。

 

でも結果は、自己を限界まで痛めつけており、気が付けば自分を見失ってしまい自分が立ち直るのに多大な時間を要してしまっていました。

 

自己犠牲も立派な生き方ではあると思いますが、ここで一番の問題点は「受動的」の部分であると思いました。

 

仮に私の生き方を

 

「能動的で」
自ら苦労し
損をする

 

そのような生き方とすれば、自己を痛めつけるまでには至らなかったように今更ながら思いました。

 

しかし、自ら苦労し損をする生き方であっても苦しむことに変わりはありません。

 

そこで今後は

 

能動的で
楽するよう無駄を省き
絶対に損しない

 

そんな生き方(考え方)に変えていこうと思っています。

 

45年間、染みに染みついた今までの行動習慣ですからすぐには改善しないでしょう。

 

今はとにかく能動的に動くことを意識していて、ふと受動的になっている時に気が付いた時に、能動的に考えるようにしています。

 

楽するよう無駄を省くとは

 

とにかく一つ一つの行動や思考に対して、その方法が本当に最短で楽な方法なのかを立ち止まってでもいいので考える癖をつけたいと思います。

 

今までの私はどうしても自分が早く動く事で処理スピードを上げるタイプの人間でした。

 

車でいう昔ながらのエンジン車のように、エンジンをフル回転させて、速く目的地に着くイメージです。

 

しかしこれからは、ハイブリッド車のようにエンジン(肉体)も使うけど電気の力(脳みそで考える)も使って充電する(余力を貯められる)ように意識して取り組んでいきたいと思います。

 

絶対に損しない考え方とは

 

自分が犠牲になる(損する)ことこそ美徳であると思っていた考え方を改め、犠牲にならずに済む方法、もしくは逆に自分も得をする考え方が出来るように変えていきたいと思います。

 

以上を踏まえてまとめます

 

「能動的に動く、考える」という事は何となくイメージしやすいと思うのですが、「楽する為に無駄を省く」や「絶対に損しない考え方」はどうもイメージしにくいです。

 

というか、私も45歳です。

 

いつまでも同じ身体を維持したままエンジンフル回転で生き続ける自信はありません。

 

ならばこれを好機ととらえ、少ない動きで同程度かそれ以上の結果を出せるよう今から脳みそ改造する必要がありそうです。

 

日々実践あるのみです。

 

 

本日もあなたの貴重なお時間を割いてご覧くださりありがとうございました。

 

もしこのブログに共感されたなら、読まれた今より自己改革をしてみませんか?

 

「心が決めればなんだって出来る」

 

ありがとうございました。

 

 

お問い合わせ・感想などはお気軽にどうぞ

 

この記事が役に立ったと思ったらクリックしてください

40歳代ランキング